メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

     
トップ  >  コーチングの流れ

コーチングの流れ

次にコーチングの流れについて説明します。コーチングの流れは、GROWモデルという4つのステップで説明することができます。

・Gは「Goal」の頭文字をとったもので、「目標設定」を意味します。
 コーチングの流れとしては、最初に短期・長期目標を考えます。

・Rは「Reality」の略で、「現状把握」を意味します。
 設定した目標とのギャップや、目標達成のための課題について考えます。

・Oは、「Options」の略で、「資源・方法・選択肢」を意味します。
 目標達成のための方法や使える資源を検討し、複数の選択肢を考え出します。

・Wは、「Will」の略で、「意志確認」を意味します。
 考え出した複数の選択肢の中から最善の方法を選択し、それを実施する決意・やる気を
 確認します。

これらの流れをコーチとクライアントが二人三脚で進めていくのですが、実際のコーチングでは、必ずしもステップを順番に進める必要はなく、クライアントの反応を見ながら、必要に応じてステップを行ったり来たりしながら進めていく必要があります。

プリンタ用画面
前
コーチングと士業・コンサルタント、カウンセラーの違い
カテゴリートップ
コーチングを学ぶ
次
コーチングの基本スキル

 
     
サイト内検索
pagetop
Ferretアクセス解析