メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

     
トップ  >  コーチングの定義

コーチングの定義


人に悩みや夢を話したことを思い出してください。特別に、良いアドバイスをもらわなくても、気持がスッキリしたり、考えがまとまったことはないでしょうか。

これは、「オートクライン」と言って、自分が口にした言葉をあらためて耳で聞くことでより、考えが整理され、理解が深まり新しい気付きを得る、という人の仕組みがなせることです。

「コーチング」とは、このような人の仕組みを心理学

や脳科学などを背景に、「人がゴールに早く、楽しく向かうことをサポートするコミュニケーション術」を体系化したものです。
通常、コーチングは、1対1のセッションと呼ばれる話し合い(通常30分〜1時間程度)を主体におこなわれる、やりとりです。

聞き手でありサポートする人を「コーチ」、そして、話し手であり、ゴールを達成することに取り組んでいる人のことを「クライアント」と呼びます。
クライアントはコーチに信頼関係に基づき心を開いて話し合うことで、さまざまな成果を得ることができるのです。(靴裡瓜仮函縫螢鵐?

また、会話を中心としたコーチとクライアントのやりとりを「セッション」と呼びます。

もともとコーチ(COACH)には、「馬車」という意味があり、人を目的地に運んでいく乗り物を指します。コーチとは、「馬車」から転じて、「クライアントを目標達成に導く人」になります。

コーチというと一般的には、スポーツ選手の指導にあたるコーチが有名ですが、近年は、モチベーションアップを目的とした企業研修などのビジネス分野や個人の目標達成を支援する人のこともコーチと呼んでいます。コーチングを行うことで、クライアントの目標を明確にし、目標達成のためにどのような行動を起こせば良いのかをクライアントが自分で考え、気づき、実際に行動を起こしていくのをコーチが支援します。コーチングを受けることで、クライアントは、目標達成により早く到達することができます。

プリンタ用画面
カテゴリートップ
コーチングを学ぶ
次
コーチングと士業・コンサルタント、カウンセラーの違い

 
     
サイト内検索
pagetop
Ferretアクセス解析